紅梅にルリビタキ

冬鳥の代表ルリビタキです。 まだ遠出は無理なので今季は出会えないかもしれません。
我が家の梅はやっと蕾が膨らみ始めましたが、すでに冬鳥はいないような雰囲気なのです。

これは以前に府中市の郷土の森で撮影しました。
梅絡みの野鳥を撮影するときはお花見を兼ねてここに出かけたものです。。

府中市郷土の森は広大な敷地に梅林、博物館にはプラネタリウムがあり、晴れた日には太陽望遠鏡のデモもしていました。ほど近いところには五藤光学の本社があり、お隣の多摩川にはカモやサギがいっぱいです。
春爛漫の日曜日、実に楽しい1日を過ごすことができますよ。




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

いやあ、最高です!恐れ入りました!ポチ!

No title

すてきですね!私がこの鳥だったら やっぱりこんなきれいなお花にとまって、人間に見てもらいたいな!この小鳥もなんだかうれしそうですね!

No title

おはようございます(^^)
すばらしい絵ですね
この様なチャンスはなかなか無いと思いますがさすがですね

No title

コロスケさん、いつもポチありがとうございます。
ここは江戸時代の街並みや里山を再現していたりして、どこか懐かしい写真を撮影できるところですよ。ぜひ一度!

No title

ふみさん、白梅に遊ぶ姿が多かったのであえて紅梅にやって来るのを待ちました。お花見だけでも満足なのにルリビタキまで撮影できるととても得をした気になりますね。

No title

ぶうすけ αさん、信州は梅の開花が遅いので冬鳥とのコラボは厳しいですね。でも梅の花にはメジロが一番映えるような気もします。