10月の月面拡大撮影 3

10月22日の月面拡大です。
この日は特にシーイングが良いということはなかったのですが、雲の心配がない落ち着いて撮影できる状況でした。
安心して撮影を続けるうちにパノラマ合成で全景を写してやろうというとんでもない考えが浮かんできたのです。
以前、有明の月を30枚足らずのパノラマ合成で撮影したことがありますが、この月齢をいつもの拡大率で撮影したら何枚になるのか見当もつきません。
最後は惰性でしたが、結局77枚で全景をカバーできると思われる動画が2時間余りで撮影完了です。 
根性です。

さて次は動画を処理してパノラマ合成するわけですが、合成ソフトのPhotomergeではこの巨大データはハングってしまいました。 ところがICEの最新バージョンではあっさり処理してくれたのです。

結果は・・・今のところつながりません。
下の画像は10枚くらいづつ合成したものをさらに合成したものです。
10枚づつといってもその際に不要だったコマがほかの10枚の中に必要となるといったケースが頻発して大変な事態となってしまいました。
思い付きで撮影を始めたので、この辺は重なりが心配だからもう一枚とっておこうなどという具合で微妙に異なる同じようなコマがいっぱい出てきてしまったのです。

未完の月面ジグソーパズル
残りの部分のコマがあることは確認できました。 ゆっくり楽しみながらパズルを解いて行きたいと思います。
なお、拡大して見ると合成部分の継ぎ目がはっきりと分かってしまいます。
これは、本来なら1枚ごとに画面の周辺部分のノイズをカットしたうえで合成するのですが、それを省略したためであって、ICEの機能不足ではありません。
その他、各コマ撮影時のシーイングの差や明らかな時差にも気が付きます。
やはり10分程度で完了するような撮影方法がよろしいようで・・・

2016.10.22 03:26~ MT-160+コマコレクター(FL1330mm) Or25mm拡大  EOS 8000D 3倍デジタルズーム  1/40秒 ISO800 動画600フレームをレジスタックス処理して52枚パノラマ合成


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

600コマ×52枚という気の遠くなるような画像処理、さぞかし大変だったでしょう。
そのかいあって大迫力の画像ですね。

No title

ようかんさん、自分でも途中でやめようかなと思ってしまいました。
でもようかんさんのRAWデータコンポジットには解像感で及びませんね。私も真似してみましたがメモリー不足でダメでした。

No title

52枚とは頑張りましたね。
とても根気が続かないので半月過ぎは9~10枚に収めるところが限度です。
最近合成することもなくお気軽撮影に徹底していますが年ですね。

No title

marchanさん、正直に言えば途中から撮影が義務的になってきてあまり楽しくありませんでした(笑)
やはり、好シーイングで欠け際を大写しできたら楽しいですね。

No title

カッコいい~!