12月30日のカタリナ彗星

月齢18.4の月が天頂に輝く中、透明度が良さそうだったのでカタリナ彗星を撮影してみました。
イオンテイルが短くなったというイメージがあったので、今までレデューサを使用していたFSQの直焦点(530mm)で撮影しましたが、意外と尾が長かったようです。

12月30日のカタリナ彗星(彗星核コンポジット)

2015.12.30 04:41~ FSQ106ED(530mm) EOS 60Da  60秒露出の16枚を加算平均合成 ISO2500

12月30日のカタリナ彗星(恒星基準コンポジット) 撮影データは上と同じです。

彗星核のすぐ左上にNGC5522が小さく写っています。 恒星基準コンポジットの面白いところですね。




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

大きな変化はないようですがコマが大きくなっているようにも見えます。
星雲などがあると恒星コンポでないとやっぱり雰囲気が出ないですね。

No title

marchanさん、書き忘れましたがこれは横写真を縦にトリミングしています。しかも530mmにしたのでコマも大きくなっています。
試写では余裕をもって全景が入ると思っていましたが意外と尾が長かったのです。
次回はまたレデューサをかませようと思います。

No title

フィガロさん、明けましておめでとうございます。
カタリナ彗星では、フィガロさんの画像を見て満足させて頂いております^_^
これから高度を増したら真面な写真を撮りたいと思います^_^
今年も宜しくお願い致します。

No title

ひろたろうさん、あけましておめでとうございます。
カタリナ彗星は新月期を迎えるこれからがひろたろうさんの本領発揮ですね。新機材での素晴らしい画像を楽しみにしております。
こちらこそ、本年もよろしくお願いいたします。