霧氷のオオマシコ

カタリナ彗星のように速報性がないので「鳥だより」の更新がかなり遅れています。
もう1ヶ月近くも前のオオマシコです。
小春日和の翌日早朝、急に冷え込んだので山の中腹まで霧氷に覆われているではありませんか。
そそくさと出かけて霧氷の枝のオオマシコに会ってきました。

おいしそうなズミがいっぱいでオオマシコも嬉しそうな表情です。
ピーカンだったのが残念。 その後は霧氷のチャンスがありません。










寒さに耐えての撮影です。 陽が昇ると霧氷は急速に解け落ちて、辺りは雨降りのようになりました。






スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

たまらない表情ですね~アイスを食べているような気分なのでしょうかね

寒い中お疲れさまでした。

No title

いやあ、素晴らしい写真!冬の明け方の極寒感ばっちり!ポチ!

No title

ウワー寒そう。
オオマシコにとっては貴重な冬の食べ物ですね。

No title

十ッ符魂さん、美味しそうなフローズンフルーツみたいに見えました。わざわざ凍っている実を食べるのが不思議なんですよ。

No title

コロスケさん、毎年たくさん写しているオオマシコなので写真に変化をつけたいと思って出かけました。シャッターを押す右手だけがかじかんでしまいました。

No title

marchanさん、初冬のこの時期は確かに寒かったのですが、最近は昼間はやたらと暖かいのです。いつもなら雪の中で撮影しているのですが・・・