12月18日のカタリナ彗星

カタリナ彗星が北上してきて自宅屋上の観察小屋から捉えることができるようになりました。
この日を逃せば天候が数日間はダメみたいだったので早起きで撮影しました。

薄明にかかる時間帯での撮影ですが、イオンの尾がかなり伸びているのがわかります。

2015.12.18 05:33~ FSQ106ED+RE0.73倍(385mm) EOS 60Da  40秒露出の8枚を加算平均合成 ISO3200

モノクロ反転画像
イオン・テイルがかなり複雑な様相になっているような気がします。
カラーでここまで表現できればいいのですが、画像処理の技術が追いつきません。









スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

イオンテイルがねじれて出ているような気がします。彗星の自転によるものかな?
北上してきて家の陰に隠れてしまいました。高度が上がるまでしばらくお預けです。

No title

marchanさん、太陽からかなり離れてきているので、イオンテイルの変化は多分自転によるものでしょう。
我が家では逆にそろそろ暗い背景で撮影できるようになるので楽しみです。

No title

フィガロさん、おはようございます。
素晴らしいカタリナ彗星ですね!
私も昨夜赤城高原に行って来ましたが、生憎雪に降られてしまいました(T . T)
自宅で撮れるなんて、羨ましい限りです。
今後も楽しみに拝見させて頂きます^_^

No title

ひろたろうさん、赤城高原遠征は天候が残念でしたが皆さんが揃って楽しかったようですね。
カタリナ彗星は自宅の屋上から撮影できるようになって楽チンですが、空の暗い所ならイオンテイルがもっと描写できると思うと少し後ろめたさを感じています(笑)