EOS R6 でカノープス

今年に入って発注していたキヤノンのミラーレスカメラがようやく入手できました。
1月早々にR6、2月中旬にR5が届いて早速野鳥撮影に活躍しています。

ところが星空には恵まれず、月が無くてまずまずの透明度は2月9日の夜だけでした。
ウランの散歩に時々通る道沿いに南方面が開けていて、ひょっとしたらカノープスが見えるんじゃないかと気になっている場所がありました。 その夜にそこにR6を持って確認に出かけたわけです。

R6で評判の高感度特性がどんなものか、ISO10,000で撮影してコンポジットしてみました。
家の近所での撮影では赤い星雲や天の川は写りません。 もっと空の暗いところではどうでしょうか?
HKIR改造すれば星野撮影には赤道儀不要かも・・・
0 2021 02 09 2244 27mmF4 20s iso10000 7枚合成R6 New1tif
 2021.02.09 22:44~ タムロン15-30㎜ズーム(27㎜F4で撮影) 20秒露出 7枚コンポジット ISO 10,000

冬の大三角からカノープス 
南天には伊那市の光害があって厳しいのです。 拡大して確認できます。
1 2021 02 09 2111 22mmF35 6s iso3200 R6 2021 02 09 2312 15mmF4 15s iso6400 R6 206A360320210214 2021.02.09 21:11 タムロン15-30㎜ズーム(22㎜F3.5で撮影) 6秒露出 ISO 3200

カノープス確認用 
APSサイズ、 1.6倍 クロップ撮影を試みました。 画素数は約 800万画素、ちょっと寂しいが実用にはなります。
2 2021 02 09 2128 50mmF4 16クロップ5s iso2500 R6 206A3613202102142 
2021.02.09 21:28 EF50㎜F1.8(F4で撮影)  5秒露出 1.6倍クロップ(約800万画素)  ISO 2500

近所の公園で冬の大三角
車で5分足らず、季節を感じることができるお手軽な星野撮影場所です。
3 2021 02 09 2238 15mmF4 20s iso5000 R6 206A364420210214
2021.02.09 22:38 タムロン15-30㎜ズーム(15㎜F4で撮影) 20秒露出 ISO 5000
4 2021 02 09 2312 15mmF4 15s iso6400 R6 206A367320210216 2021.02.09 23:12 タムロン15-30㎜ズーム(15㎜F4で撮影) 15秒露出 ISO 6400





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

フィガロさん、こんにちは(^ν^)
冬の大三角とメジャーな1等星2等星を見ていると本当に楽しくなりました。
いつも思いますが近場に素晴らしいロケとカノープスが見えるなんて素敵ですね(╹◡╹)

No title

ひろたろうさん こんばんは
実は家の屋上から隣の建物の隙間にオメガ星団が見えるのです。
光害はありますがなかなかの環境でしょう?
少し車で遠征(近征?)すればもっと良い星空があるのですが、億劫なのでついつい妥協してしまいます。

見えました

フィガロさん、こんばんは。

カノープス、確かに見えました。
自分はまだ見たことない(ちゃんとカノープスと認識して)ので来年の2月に山に登って撮ってやろうと妄想しています。

星景用に自分もR6調達しようかな。
山登りに携行するには少し嵩張り重いような気がしますが性能は魅力的。
どうでしょう。

お勧めします

fukuさん こんばんは
雪山を前景にしたカノープスなんてワクワクしますね。
R6は小さくはないですが重くはないですよ。
夕暮れでも高感度の手持ち撮影ができるので、山岳や星景には最適です。
明るい液晶画面でピント確認や構図設定も楽ですよ。