初冬の里山風景

この1週間、昼は野鳥、夜は星とめちゃくちゃな枚数を撮影してしまったので画像処理が追いつきません。
下手なりに楽しいはずの画像処理も、カミさんの写真と合わせて1日20ギガを超えてしまうと苦痛以外にありません(野鳥写真もRAW撮影しています)。
というわけで、この土日は溜まってしまった写真の整理に費やしてしまいました。
野鳥・星の写真がアップできるようになるまで、撮影現場である里山の初冬風景をご紹介します。
 
ワカサギの釣り船がたくさん浮かぶようになりました。 コハクチョウもやって来たようです。

 
ベニマシコやミヤマホウジロを撮影する里です。 今季はウソも多いようです。

 
エノコログサ 里山に群生しています、逆光で撮影するととてもキレイ。

 
てっぺんに僅かに葉が残っているポプラ並木。 最近この公園にも初雪が降りました。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

何ともクリアな光景です。写真離れまさに光ですねえ。ポチ!!

No title

初冬の枯れ草が何とも良いですね、私も好きな風景です。
撮りすぎると後の処理が大変ですね。ゆっくりやってください。

No title

かすかな温もりの感じられる晩秋の景色にも見えます。
今年の青森はこのような景色をあまり見ないうちに、一足飛びに冬になったような気がします。たぶん、よく観察すれば出会うこともできたのかもしれません。

No title

コロスケさん いつもありがとうございます。
写真って被写体に対してハイライトをどう活かすか、ということだと考えています。

No title

marchanさん いつもありがとうございます。
これは全部コンパクトデジカメ(オリンパスXZ-1)で撮影しました。画像処理の心配のないカメラ・被写体は楽チンです。

No title

たか坊さん 鋭いですね。
12月初の小春日和の1日です。
冬鳥の来訪状況を見に行った、ハイキング日和の穏やかな日でした。