1月9日の地球照

西の空に新年初めての細い月が出てきました。
久しぶりに地球照でも撮影してやろうと思いつきました。
昨日が曇って撮影できなかったのが残念、今日はちょっと月が太り気味でしたね。 

あれ、液晶モニターを見ると月のすぐそばに明るい星が見えています。
今夜の「月に〇〇が接近する」という記事には覚えがありません。
後程ステラナビゲータで調べると、

49δCap(やぎ) デネブアルゲディ Deneb Algedi 光度  2.85

という星でした。 デネブって尻尾の意味なのでヤギの尻尾の部分にあたりますね。
モニター上では凄く明るく見えたのですが・・・

1月9日の地球照

2019.01.09 18:14 FSQ106-ED+EX1.6倍(850mm) EOS 8000D 10 ISO200




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

うわぁ、地球照綺麗ですねぇ♪
見たかったなぁ。
冬場は仕事中で夕方のお月様は見れないのよね。見せてくれてありがとうございます^^

No title

クリちゃんさん、地球照の醍醐味は背景の星空だと思います。
4月9日のヒアデス食が今年のハイライトですね。
地球照は夕方や夜明けの現象なので現役の方には確かにきついですね。できるだけ機会を捉えてご紹介したいと思います。