M78 よくある失敗(1)

M78はウルトラマンの出身地ということで有名ですが、M78は銀河でなくてガス星雲だからさすがのウルトラ一族でも生息は不可能では?という突っ込みでも有名ですよね。
本当はM87という設定だったのがどこかで間違えてしまい、そのまま定着してしまったそうです。

そんなわけでこれも設定ミスの失敗作になりました。
淡い星雲などの構図決めではマニュアルモードで高感度、短時間露出で何枚か試写をしています。
構図が決まったら予定の感度、露出時間でバルブ撮影をするのですが、気をつけたつもりでも露出時間は替えても感度設定をそのままで撮影してしまうことがよくあります。 

M78とバーナード・ループ

2018.11.14 25:39~ FSQ106ED+RE0.73倍(385mm) 90秒X8枚加算平均 ISO5000 CLS-CCD EOS60Da



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ご無沙汰しております。O社の阿部です。
私にとっては、いい写真に思えております。

追伸:すいません、ocnアドレスにメールを送っております。
見ていただくと助かります。

No title

あるある、ですね。
あと、ファインダーキャップの閉め忘れとか。
でもこの写真に関しては、適正露出に近いのではないでしょうか。結果がいいようなので、雲があるときは短時間で枚数を稼ぐ方法として使えるかと思います。

No title

na0*8*04102*さん、大変申し訳ありませんでした。
なんと迷惑メールに入っていました。 確認したらほかにも大事なメールが迷惑メールの中に見つかって、いまさら慌てています。
なぜ「迷惑メールに分類しました」となるのか不明ですが、今後は注意して確認していきます。

No title

たか坊さん、ファインダーキャップの閉め忘れはいつものことです。
(黒い紙テープを使っています)明るいPCモニター画面の影響がありそうですね。
この写真はきつい処理で分子雲らしきものも見えて来ますが、あまりに画像が荒れたので焼きこんであります。24枚くらいコンポジットできれば少しは見栄えが良くなりそうですね。