ケフェウス座 IC1396

約1年ぶりにFSQで星雲を撮影。
久しぶりの晴天だったので、月が残っていて透明度も悪かったのですがいくつかの星雲を撮影しました。
一応スカイフラットとダーク処理をしていますが、セッティングから画像処理まで思い出すのが大変でした。
慣れるためには質より量だということでオートガイド無しの短時間露出です。
ブランクが長いと構図を決めるのに時間がかかるということが分かりました(笑)

ケフェウス座 IC1396
構図が不安定だったのでかなり回転、トリミングをしています。
無理な処理で画像が荒れていますが、肉眼で3等星までしか見えなかったのに意外と写っていてびっくり。
透明度の良い日に真面目に写せば期待できそうです。

2018.11.14 22:46~ FSQ106ED+RE0.73倍(385mm) 120秒X18枚加算平均 ISO2500 CLS-CCD EOS60Da

この日に撮影したものでほかにも良さそうな画像があったら処理してみます。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

冬が終わって春に撮ったときとか、画像処理の方法を思い出すのが大変な時もありますね。
Redに傾斜させているように思いますが、輪郭がしっかりしていますね。

No title

たか坊さん、光害カットのためにCLS-CCDフィルターを使用するとホワイトバランスがとれなくて補正に苦労させられます。
このフィルター、露出も倍以上要するのでフィルター無しで撮影直後にスカイフラットを取得するようにして結果を比較してみます。