なにか物足りないフクロウ

そう、雪が無いのです!?雪の下のネズミをかすかな音だけで見つけて急降下、という場面が見たかったのですが・・・この日は冷たい風が強くなってきたので早々に撤退しました。「雪フクロウ」はまた来年です。...

EOS R5でM 51

春の銀河撮影用にε160に換装したのに全然晴れずに月が大きくなってしまったのでMT-160で月面撮影に切り替えました。それでも EOS R5 で銀河を撮ってみたかったので、月があって透明度も良くない空で強行してみました。確認したかったのは高感度特性と解像度ですが、ISO 25600 というちょっと前なら非常識な感度でまずまずの画像が得られました。もちろんコンポジット前提です。 EOS R6 同様赤い領域は写りません。赤外...

トラツグミ&ミヤマホオジロ

のんびりと今季の冬鳥を纏めていたらとうとう夏鳥のオオルリやクロツグミが到着してしまいました!これはいかんという事でスピードアップしましょう。今回のトラツグミとミヤマホウジロはGWあたりまで見かけるので「春鳥」ですよ。トラツグミ発見! あれ手前になにやら小さな鳥の群れが・・・ 左隅に普通のツグミが覗いていますね。「マーヴェラス!」 ・・・・美味しそうですねぇやっぱり「冬鳥」じゃん!...

薬師堂の天の川

今年の桜の開花は異常な速さでした。南北に長い信州では長期間にわたって楽しませてくれるのですが、今年は全県で一斉に咲きだしてしかも蕾から満開までがあっという間の出来事でした。 春の楽しみは「一本桜と天の川」の撮影です。いくつかの撮影地候補があったのに天候不順もあって今年はしだれ桜1か所のみの撮影でした。ここは近年急に知られてきてかなりのカメラマンで賑わっていたためほぼ定点での撮影です。団体になると急...

雪のオオマシコ

「雪の野鳥」シリーズ、今回は冬鳥の大スター「オオマシコ」です。実は今季は雪の日に撮影に出かけることが多かったんですよ。「コロナで自粛」は名ばかりで、数年前から急に増加した「野鳥カメラマン」が信州に押しかけて来ました。メガネが曇るからとマスクもせずに、数人の団体が大声で話しながら撮影中の私たちを見つけて走ってきます。私は手術後は免疫が極めて脆弱なので即退却となります。そんなわけで、雪の降る日ならカメ...

恒例の星景 駒ケ根高原

水仙の丘に沈むオリオン、スバルなどの冬の星座たち・・・毎年この季節に撮影に行きます。ところが今年は桜の開花が早く、夜桜の名所の光前寺手前にある水仙通りは行き交う車でいっぱい。たった5秒の露出中にも水仙がライトで照らされてしまいます。悪天が続いて、やっと晴れたと思った天候も薄雲が広がって思い通りの撮影ができませんでした。また来年に期待しましょう。...

雪のハチジョウツグミ

冬鳥はやはり白い雪の上が似合います。ところがここ何年かは雪が凄く少ないのです。冬の生活にとってはありがたいのですが、季節の野鳥としては枯草の背景はちょっとね・・・今季のハチジョウツグミにはどうにか雪景色の中で会うことが出来ました。雪の上だとお腹のオレンジ色が目立って普通のツグミじゃないなと分かりやすいのですね。そんなわけで、雪が絡んだ画像を選んでみました。...

春の霧ヶ峰に天の川はるか

例年ならまだ雪深い季節ですが、スキー場の残雪はほとんどなくてちょっと期待外れの星景色となりました。透明度はまぁまぁかなと思っていましたが低空に薄い雲がかかっていて、月光が逆効果になったようです。2021.03.24 04:20 タムロン15-30㎜ズーム(18㎜F3.2で撮影) 15秒露出 ISO 3200 EOS 6D改左側に蓼科山、中央から右は八ヶ岳連峰です。 2021.03.24 02:50 タムロン15-30㎜ズーム(15㎜F3.5で撮影) 20秒露出 ...

今季のウソ

4月1日という事で今日は「ウソ」の日です。最近は「アカウソ」をよく見かけますが、本家の「ウソ」の方がキレイかなと思います。「アカウソ」は♂のお腹が赤みを帯びていますが、どうも中途半端な赤さなのです。お腹がとても見事な紅薔薇をしたその名も「ベニバラウソ」という憧れの野鳥がいます。ずいぶん昔の話ですが、ホームページに「ベニバラウソに会える宿」とうたっていたペンションがありました。近くに出かけたのでペンシ...