2020年のクロツグミ(2)

クロツグミの親子が藪の中を歩いて移動したり、切り株に乗っかったりするのが楽しみでした。今季はコロナ禍で遠出ができない地元の親子連れで公園が賑わい彼らの出る幕が少なかったようで、寂しい夏でした。ツグミ類は枝の上より地面にいる場面が好きです。...

みなみのかんむり座 (祈コロナ終息)

春のかんむり座は「北のかんむり」、こちらは「南のかんむり」です。当地では南天低いのであまり見ることができない星座です。肉眼では可愛いかんむりが見えるのですが、写真になるとちょっと形が分かりにくくなりますね。 みなみのかんむり座は学名がラテン語でCorona Austrinus、Coronaは英語でCrownですね。 いまいましい「コロナ」はウィルスの電顕写真が王冠に似ているので名づけられたそうです。振り返れば今回のコロナ禍...

高原ノビタキ 2020年 ①

諸事情があって出遅れましたが恒例のノビタキシリーズです。高原ノビタキと里山ノビタキに分けてそれぞれ2,3回ほどアップしたいと思います。今回は7月中旬まで、レンゲツツジの咲く高原での子育てまで。最後は子育てに疲れて黄昏るお父さんでした。...

ペルセウス群の流星

発見・追加ちょっと前の画像をやっと処理していて1枚発見したので追加します。原版ではアンドロメダに向かって色が緑からオレンジに変化する美しい流星です。 2020.08.15 00:41~  15-30㎜ズーム(15㎜F2.8で撮影)  30秒露出 ISO2500   EOS 6D改 固定撮影なぜかマスコミが毎年話題にするペルセウス流星群の一つです。放射点から遠いのでかなり長い流星でした。  2020.08.13 22:37 EF50mmF1.8(F2.2で撮影)  5秒露出...

今季の夏鳥一覧

新型コロナによる自粛で今季の夏鳥の撮影行はかなり禁欲的で、例年なら毎日のように出かけていたはずが、悪天候もあって週に一回程度の撮影でした。ここでは別途まとめるつもりのノビタキとクロツグミ以外の夏鳥を記録としてアップしておきます。サンコウチョウアカモズ   例年なら足環のない個体を探すのですが・・・オオヨシキリ採餌するサンショウクイアオジビンズイ  最近あまり見かけなくなっていますね、ちょっと心配。...

去りゆくネオワイズ彗星

たくさんの天文ファンを欲求不満にさせたままネオワイズ彗星((C/2020 F3))が遠ざかっています。雲のない真っ暗な空でじっくりと観察・撮影ができた方はどれほどいらっしゃるのでしょうか?8月10日、久しぶりの晴れ間が残っているうちに近郊に出かけ、短時間ですが薄雲の隙間から撮影できました。すでに6,7等級でかなり小さくなっていましたが広がったダストテイルは健在でした。3彗星の密やかな邂逅小さくて暗いのでちょっと...

遠ざかるネオワイズ彗星 7月31日~8月4日

梅雨明けの筈ですが、本日はすごい雨と雷です。それでも先月19日以来の晴れ間を見つけて、この1週間で3日間撮影が出来ました。光害と月明の中ですが広がったダストの尾は健在で、月明かりの影響がなくなればイオンテイルも確認できるかもしれません。いずれの日も屋上で、雲の晴れるタイミング待ちの撮影でした。薄雲がかかっているのでせっかくコンポジットしても1枚ものよりも汚くなってしまいました。2020年07月31日 2020.07.3...