ネオワイズ彗星(C/2020 F3)を辛うじて撮影

本当に久しぶりの肉眼彗星、北海道を中心に撮影された美しい写真を見てやきもきさせられていました。梅雨明けまでは観察できないとあきらめていたそのネオワイズ彗星(C/2020 F3)を見ることが出来ました。19日は昼前から青空が広がり「これは・・・」、と期待が広がります。GPVと首っ引きで21時ころにも雲のない地域を探します。奥木曽湖、美ヶ原と候補が変化して行き、最後は30分足らずで行ける「かやの高原」に決定。19時に到着...

薔薇のウラン

例年、長野県内の有名なバラ園を訪れるのが6月梅雨入り前の楽しみです。ところが今年はコロナ禍でバラ祭りの中止どころかバラ園自体の閉鎖、人数や時間の制限などで出かけることが出来ませんでした。実は有名なバラ園よりも凝縮された美しさのある個人の庭園が近所にもたくさんあるのです。今年は知人宅に絞って遊びに出かけさせていただきました。義兄と親友のNさん宅のバラ園で、ウランも一緒にお邪魔してきました。義兄のバラ...

干潟星雲(M8)と三裂星雲(M20)

干潟星雲(M8)と三裂星雲(M20)は夏の天の川の中に有って、広角から超望遠までいろいろなレンズでの撮影対象になっている星雲ですね。 私も毎年必ず撮影してしまいます。 この夜は惑星撮影予定でシーイングの改善待ちの片手間に撮影しました。2つの星雲を一緒に写す定番の縦構図です。この夜以降今夜まで、星の写真を撮影できるような日はありませんでした。梅雨前線はまだ停滞する模様で、ネオワイズ彗星の噂を聞きながらやき...

ダイサギの子育て

しばらくは「鳥だより」も「星だより」も新作がありません。列島を襲うコロナ禍と記録的な水害が少しでも落ち着いてくれないと撮影意欲が湧きません。梅雨が明けたら高原ノビタキの画像一色になってしまいそうなので、その前に6月に撮影したわずかの写真をアップしておきたいと思います。晴れ間を見つけてダイサギのコロニーを確認に行きました。 すでに雛は大きくなっていてあまり可愛くないかも・・・...

夏の天の川

梅雨前線の停滞によって九州では大きな水害が発生しています。北上に連れてこれから本州でも被害が広がりそうです。この時期に星空は期待しませんが、これ以上の雨は勘弁していただきたいと思います。振り返れば、6月に全く星野撮影ができなかったというのは過去の記憶にありません。この時期に夏の天の川の画像がアップされないのは寂しいですよね・・・そこで、5月に撮影して処理もしていなかった画像を拾い上げてそこそこ見られ...