さんかく座のM33

晴れても透明度がいまいちという夜が多いのです。それでも半年ぶりにFSQで銀河や星雲を撮影しました。自動導入やオートガイドで撮影しようという気にならないので、ポピュラーな天体を短時間露出でコンポジット枚数を稼ぐ方法での撮影です。さんかく座のM 33 2019.11.21 23:29~  FSQ106-ED 530㎜直焦点 45秒露出X26枚コンポジット  ISO3200  EOS 6D(HKIR改)フルサイズで多数枚コンポジットでは粒子や星像が小さい...

オシドリがやって来た

紅葉の始まりを待っていたかのように今年も山の湖にオシドリがやって来ました。何しろ遠いので久しぶりにデジスコまで動員して撮影しました。紅葉のきれいな湖なので、秋の深まりを追って2,3回にわたってご紹介します。...

霧ヶ峰の夜

あまり寒くならないうちにということで霧ヶ峰に遠征しましたが・・・草紅葉の八島湿原で星景撮影が狙いでしたが、想定以上に気温が下がってなんとマイナス5度!木道には霜が凍り付いて一歩も歩けない状況だったので高台の広場から湿原を見下ろしての撮影です。昇ってくるオリオン座踊り場湿原にて手前の山は八ヶ岳です。富士山を挟んで八ヶ岳から南アルプス2枚をパノラマ合成しています。富士山遠望富士の後ろにある雲が稲光でやけ...

里山ノビタキ 2019年 ⑤ さよならノビタキ

大好きなノビタキに今年も長い間楽しませていただきました。晩秋の里山ではすべての田んぼが収穫を済ませて、あちらこちらで稲わらを燃やす風景が見られます。ノビタキ君、しばらくお別れですが、来春には元気で帰ってきてまたマンネリ撮影につきあってね。...

もみじ湖の夜

珍しく雲一つない晴天が夜まで続きました。思い立って以前にケンタウルスAやオメガ星団を撮影したもみじ湖に30分足らずの遠征です。粘ってカノープスを撮影しようと目論んでいたのですが、途中から雲行きが怪しくなって撤収時には濃霧に遭遇、びっくりです。カシオペア付近 2019.10.31 23:10~ タムロン15-30mmF2.8(30㎜F3.5で撮影) 150sX5枚加算合成 ISO1600 EOS 6D(HKIR改)スカイメモS昇る冬の天の川 2019.10.31 2...

里山ノビタキ 2019年 ④

今年ほどノビタキに遊んでもらったことは有りません。4月から10月まで、信州の春から秋を、高原から里山まで、恋の季節から子育てまでお付き合いできました。特に10月は相次ぐ大雨や台風でもう居ないだろうと思っても、しっかり残って結局月末まで遊んでくれました。山ほど撮影したのでお別れまでを2回に分けてアップします。...

地球照と木星

10月31日、やっと月を見ることが出来ました。少し東側に木星も見えていたので、地球照と一緒に木星の衛星まで写せないものかと狙ってみました。残念ながらちょっと離れすぎていて望遠鏡では撮影できず、カメラレンズではガリレオ衛星があまりはっきりしませんでしたね。10月31日の月と木星 2019.10.31 17:59 EF70-200mmF2.8(200㎜F2.8)露出2s ISO400 EOS 8000D スカイメモS10月31日の地球照(月齢3.2) 2019.10.31 18:09 FSQ...

里山ノビタキ 2019年 ③

10月末で里山からノビタキの姿が見えなくなりました。あと2回ほど10月下旬から月末までのノビタキをご紹介します。まずは定番のコスモス・ノビタキ、夏の名残と秋真っ盛りを同時に感じますね。台風を挟んで何回も通ってしまいました。...