冬鳥あれこれ 3

冬鳥を中心に最近撮影した身近な野鳥をまとめています。キクイタダキ高い山に行けば夏でも見ることができますが、冬から春は里山でよく見かけます。日本で一番小さな野鳥で、ちょこまかと動き回るので撮影するのは難しいんですね。ミヤマホオジロ今季はあまり見かけないようです。で、普通のホオジロ。意外にも日本で一番個体数の多い野鳥です。そういえばスズメは人里を離れるとどこにもいませんね。キバシリ木の幹を自在に走り回...

冬鳥あれこれ 2

ご近所の湖の水鳥たちです。コサギ暖冬の影響なのか早くも夏羽(繁殖羽)に変身しているコサギがいました。足の色も変化していますね。カワアイサ大きな魚を捕まえて飲み込もうとしています。鯉でしょうか? あっという間に飲み込んでしまいました。湖畔の道路ではカモ達は横断歩道を渡ってくれません・・・...

冬鳥あれこれ 1

寒波到来で公園や林道に雪が積もるにつれてようやく冬鳥との出会いが増えて来ました。撮影しすぎて処理が遅れていますが順次ご紹介して行きます。アトリ大群でやって来ます。数が多いので人気がありませんが、よくよく見るとなかなか綺麗な鳥です。寒雀普段は気にも止めないスズメたちも雪の中で出会うとどこか愛しいものがあって、これは冬鳥ですね。...

1月22日の月

ちょっと前、1月22日の月です。薄い雪雲がかかっていて、シーイングや透明度はよくなかったのですが、翌日から雪や大寒波の予報が出ていたのでとりあえず撮影しておこうと・・・全体写真を撮影したら面白い地形が顔を出していることに気がついて、弱拡大も撮影。1月22日の月(月齢12.4)2016.01.22 20:08~ FSQ106ED+EX1.6倍(850mm)+1.4倍テレコン   EOS 8000D 1/80秒 ISO100 ライナーγ(ガンマ)中央右寄りのライ...

この冬はミコアイサが多い

暖冬で飛来が遅れていたコハクチョウがやっと到着しました。それまではパンダガモとして人気のミコアイサが白い水鳥の人気No.1でしたね。撮影していると「何か珍しい鳥がいるんですか?」と声をかけられることが多いのですが、双眼鏡で見せてあげると必ず感激されるのがミコアイサです。特に親子連れには大人気で、子供達は「可愛い~」と夢中になります。真っ白でパンダ顔、ぬいぐるみみたいなんですね。近所の池や湖や川、数...

ベニマシコとジョウビタキ

暖冬から一転、極寒で迎えた満月期ということで「星だより」はちょっと休憩。溜まっていた「鳥だより」です。今季は暖冬の影響なのか冬鳥が少ないと感じています。例年なら撮り飽きているベニマシコやジョウビタキにもなかなかお目にかかることができません。少し前の撮影ですが、これ以降は1枚も写せていないのです。山に雪が積もってやっと冬らしくなってきたので、これからに期待でしょうか?ベニマシコイタドリの実が好きです...

1月15、16日の月・木星・火星

17日から天候が崩れるという予報だったので1月16日はかなり張り切って色々な天体を撮影しました。カタリナ彗星が中心だったのですが、合い間に月と木星、火星を楽しみました。前回13日に月を撮影した時のシーイングとまではいきませんでしたが、木星がそれなりに写ってくれました。1月15日の月(月齢5.3)2016.01.15 18:05~ FSQ106ED+EX1.6倍(850mm)+2倍テレコン   EOS 8000D 1/8秒 ISO100 1月16日の木星カタリナ...

M51とM101に接近したカタリナ彗星

1月16日のカタリナ彗星です。フルサイズ150mmの望遠レンズでM51とM101の両銀河と一緒に撮影できました。17日にM101銀河に最も接近するのですが天候が怪しそうなので前日の撮影となりました。ただ、1枚ものの原版では両銀河が隅に小さく写っているだけで形もはっきりしなかったので、拡大して2枚に切り出しています。 それなら最初から300mmクラスで撮影しておけばよかったと後悔しています(泣)カタリナ彗星とM512016.01.16 02:...

1月13日の月

真冬の三日月に好シーイングを望むのは無理、と思いきや思わず弱拡大でもしてみようかというシーイングです。この月齢での弱拡大では10枚程度で全面をカバーしてしまうので、久しぶりにモザイク合成で全景写真を作ってみました。下の1枚撮りと比較すると地形にメリハリがあるのが分かるかと思います。拡大して比較してください。1月13日の月(月齢3.3) 2016.01.13 17:37~ FSQ106ED+EX1.6倍(850mm) LE18mm接眼拡大  ...

1月13日のカタリナ彗星

1月13日深夜はこの冬一番の冷え込みでマイナス7度を記録しました。東京で初雪が降ったようですが、当地は快晴で綺麗な冬空が広がりました。現在カタリナ彗星は北斗七星を目指して北上中です。地球最接近を3~4日後に控えて動向が気になるところです。高度も高く、月の影響もない暗い空なの双眼鏡やファインダーの視野に一発で捉えることができました。1月13日のカタリナ彗星(恒星基準でコンポジット)ダストの尾が広がり、曲がっ...