コブハクチョウの子育て

公園の池に飼われているコブハクチョウの一人っ子の雛が、ジョギングの皆さんの人気者になっています。ずっとお母さんの羽の中に隠されていたのが5日目くらいから一人で歩き回るようになりました。野鳥ではないということで鳥屋さんは誰もいませんが、やはり雛はとびきり可愛いです。 わ~い!!  ヨチヨチ・・・ 時々尻餅をついていました。 餌の採り方を教わっています。 「お母さん、なにか死んでる...

モズの子育て

この時期、郊外の住宅地や畑でモズの親子によく出会います。他にも子育てをしている野鳥がいるのですが、モズは声も身体も大きいので目立ちますね。 今年はなんと我が家の家庭菜園の脇で巣立ち雛に給餌をしていました。イチゴやキュウリの収穫を兼ねて撮影してきました。子育ての邪魔にならないように、畑の隅で距離を置いて座っての撮影です。 どうもこの子が一番末っ子みたいです。 ちょっと情けない顔が実に可愛いで...

ホタルと星と

前景にホタルが舞う星景を狙って3年目になります。 ホタルが見られるのは6月中旬からの2週間。月齢も気になるところです。そもそもホタルが空中を乱舞する気象条件としては、気温と湿度が高くて今にも雨が降りそうな天候なんだそうです。 時間は20時前後、第2陣(ペアになれなかったホタルたちのリベンジ、かなり数が減ってしまう)は24時前後とのこと。 そんなわけで今年も満足できるような写真は撮れませんでしたが、...

イーハトーブ交響曲

梅雨とはいえ全く晴れませんねぇ。しかも今年はかなり長引きそうとのこと。西日本、関東地方の大雨も心配です。 星の見えない夜には音楽でも、ということで久しぶりの音楽ネタです。冨田勲さんの「イーハトーブ交響曲」です。 (イーハトーブは理想郷としての岩手県のことですね)昨年発売されたものですが、今年3月にBDが出たので合わせて紹介します。 天文ファンや野鳥ファンはみんな宮沢賢治が大好きですよね。これ...

優雅な白鷺 ・・・・ アマサギ

日本で白鷺と言えばダイサギ、チュウサギ、コサギですね。でも亜種などというのも現れて、オオダイサギ、チュウダイサギなんかも混じっているようです。名前の通り、簡単な判別方法はその大きさの違いなのですが、大きさだけだと全員が並んでくれないと比較することができませんね。その中で夏鳥のアマサギは日本に渡って来て繁殖する時に亜麻色に変身するという、とてもわかりやすい白鷺なのです。亜麻色なら白鷺じゃないんじゃな...

ついに宇宙人を捉えた?!

長い間フィールドで撮影を続けていると不思議なモノに出会ってしまうこともあります。これは先週、川辺でカワセミを撮影していた夕暮れ時のことでした。突然、向こう岸の木の上にアオサギやダイサギが集まって騒ぎ出したのです。双眼鏡で確認すると・・・・ そこには黒いマントを羽織った全身銀色の怪人が!!!  ...

6月16,17日の月

梅雨時に4夜連続で月を撮影できました。夜毎にシーイングが良くなって来ているような気がして動画撮影までしてしまいました。まぁ、この月齢は南天低く、薄く霞もかかっていて本当は決していい写りではないのですが久しぶりの弱拡大なのでアップしてみます。 6月16日の月霞がかかっていて眩しくない月でした。この月齢でシャッター速度が1/50秒というのは2段階分暗いんですね。2014.06.16 02:03  MT-160(D160mm,FL1330mm...

梅雨の合間のお月様

ずいぶん久しぶりに月を撮影したような気がします。しかも2晩連続で。 13日は雲間の僅かなチャンスだったのですが、シーイングが悪かったのでいつものコマコレクター焦点(1330mm)ではなく直焦点(1000mm)で撮影しました。 普段はこんな面倒なことまでして撮影しないけど、次にいつ撮影できるのかわからなかったもので・・・・ 6月13日の月2014.06.13 22:58  MT-160(D160mm,FL1000mm)  1/320秒 ISO100 &nb...

星景ロケハンの落とし穴

野鳥撮影やドライブを兼ねて星景のロケハンに出かけるのは楽しいものです。ロケハンに出かけて注意するポイントはたいてい決まっています。 ・狙いとする写野に障害物がないこと・街灯やコンビニなどの余計な明かりがないこと・電線がないこと  などなど 夜間に再確認ができれば一番良いわけですが、時間がもったいないですね。で、いざ撮影に出かけると思わぬ障害に出会うことになります。自戒を込めて、今回の霧ヶ峰...

この1枚  カワセミ青春編

初夏。野鳥の雛たちが巣立つ季節です。 巣立って1週間程のカワセミの若鳥です。10年近く前のカミさんの作品です。いわゆる日の丸構図ですが、限られた画角での構成ではこれ以外考えられません。 希望にあふれたような表情もいいですね。 短い嘴の先端には卵の殻を内側から破るためにヤスリ状になっている白い部分がまだ残っています。顔が黒くて全体にくすんだ体色ですが、背中の鮮やかなカワセミブルーが前途洋々を...