冬の宝石オオマシコ ー とうとう雪が降って来た

オオマシコの第2弾です。夏鳥のノビタキが爽やかな高原に遊ぶ小鳥なら、オオマシコは厳しい冬を耐えぬく小鳥です。2年前、雨氷で凍りついた萩の実をつつく若鳥の嘴に小さなつららが下がっているのを見て思わず応援したくなりました。過酷な条件は当地の冬鳥には共通なのですが、オオマシコは愛想が良いので思い入れも強くなるんでしょうね。 思わず応援したくなるでしょう? ・・・今のところ今季1番のお気に入り写真です...

12月のすばる星の会

12月20日(木)  伊那東小4年生の月、星の観察会凍りついた校庭で19時00分から開催。参加者は120名ほど(主催者側発表)。学校で学ぶ月や星の見かけ上の移動を体感させるのが本日の狙いで、望遠鏡では月と木星がメインです。25cm反射から7.5cm屈折まで4台の望遠鏡に長い列が出来ました。ただ、雲が多くてすぐに隠れてしまうので待ちぼうけの子が続出。全員がキチンと観察することがノルマだったので薄雲のときにも...

ふたご座流星群の夜

もともと流星にはあまり興味がなかったのですが・・・・高校が東亜天文学会の流星委員になっていたのでいやいや観測していた思い出があります。大学時代はあの「ジャコビニ流星群」フィーバーがあって地学研究会で御嶽山(奥多摩のみたけやま)に遠征。全くの空振りに加えて、陣取った東屋の屋根から夜露に濡れて全員がずり落ちた悲劇・・・しかし、途中から写真を撮るのがバカバカしくなった伝説のしし座流星雨を体験してからは「...

なんとなくクリスマス

整理中の星の写真、鳥の写真から時節がらクリスマスっぽいものを拾い上げてみました。大量に溜まってしまったふたご座流星群や雪のオオマシコをまとめるのにはもう少し時間がかかりそうです。すばる星の会も22日の合宿後にまとめたいと思います。 2012.12..12   21:15     15mm F2.8     20s   ISO1600    EOS 60Da運転中、道路脇に雪の積もっ...

冬の宝石オオマシコ ー オオマシコがやって来た

冬鳥の中でも我が家で一番人気がオオマシコ、今季は随分早くて11月中旬に会うことができました。いつも雪の中を歩いて会いに行っていたのでどこか拍子抜けの感があります。まだ雪のない11月のオオマシコをまとめてみました。        ...

初冬の里山風景

この1週間、昼は野鳥、夜は星とめちゃくちゃな枚数を撮影してしまったので画像処理が追いつきません。下手なりに楽しいはずの画像処理も、カミさんの写真と合わせて1日20ギガを超えてしまうと苦痛以外にありません(野鳥写真もRAW撮影しています)。というわけで、この土日は溜まってしまった写真の整理に費やしてしまいました。野鳥・星の写真がアップできるようになるまで、撮影現場である里山の初冬風景をご紹介します。&nb...

夜明けの金星・月・水星(2012.12.12)

速報です。12月11日の夜は時折雲が発生するものの、透明度・シーイングとも素晴らしい夜空でした。夜半まで屋上の観測小屋でカリフォルニア星雲や木星を撮影してから、車で20分程の峠に向かいます。12日未明に月と西方最大離隔後1週間の水星が見かけ上2°まで接近をするのです。自宅付近では必ず電線に邪魔されてしまうので、東の空が開けている場所に遠征したわけです。 木々の間から最初に地球照が昇ってきたときは何...

冬の星空観察会 12月7日

12月07日(金)  創造館 星空観察会定期的に開催される伊那市創造館の観察会 19時30分から開催。参加者は200名ほど(主催者側発表)、氷点下の寒さにもかかわらず前回10月の150名を大きく上回る大盛況でした。観察対象もアンドロメダやオリオン大星雲、木星、スバルと豪華絢爛です。25cm反射から7.5cm屈折まで6台の望遠鏡に整然と並んで観察します。子供たちに「見せてもらったのだからキチンとお礼を言いな...

冬鳥が勢ぞろい

鳥見の仲間に「最近鳥の写真が少ない」と言われてしまいました。撮影はしているのですが今ひとつ気に入った写真が無かったのです。そこで総集編、11月に撮影した野鳥たちです。 カシラダカ  ホオジロと一緒に行動していてお馴染みの鳥さんです。 アトリ  驚く程の大群に出会うことがあります。 よく見るととても綺麗な鳥です。 ジョウビタキ  我が家では夏のノビタキ・冬のジョウビタキと2大アイドルにな...

NGC253

月齢や天候を考えると今季最後のチャンスかと思ってNGC253を撮影しました。自宅屋上の観測小屋からは、南の空は3階の屋根と公園の光害、小学校の校舎と3重苦になっていて南中後のわずかな時間しかチャンスがありません。今までにいて座M8や二重螺旋やソンブレロがどうにか撮影できたので、残された南天の「大物」として撮影してみたかったものです。 試写では2分露出で真っ白になったので1分露出に決定、眼視では全く見え...