11月28日の半影月食

私としては速報です。鳥撮りに行った峠で昇る満月の撮影をして、そういえば半影月食の日だったことを思い出しました。 2012.11.28 16:47  200mmF2.8  1/20秒   ISO100   EOS 7D左の山は蓼科山。 ちょっと計算違いで離れたところから昇ってきました。 2012.11.28 23:44  FSQ106ED+1.6倍エクステンダー  1/400秒  ISO100    EOS 60Da半影の最大食分を少し過ぎたとこ...

かに星雲と春の銀河

晴れませんね。それならば今のうちに冬型の身体に変身して真冬の夜空に備えることにします。10日くらい前の撮影ですが、M35などと同じ夜にこんなのも写していました。ちょうど1年前に500mmF4でほぼ同条件で撮影したものと比較してみましたが、星像は明らかにFSQの方が上でちょっと安心しました。系外銀河をクッキリ撮影するには2000mm位は欲しいところですが、このくらいの大きさも宇宙空間の広がりを感じていいものですね。&nb...

木曽谷 渓谷の秋

写真同好会の例会が迫ってきたので、慌てて今月上旬に出かけた撮影会の写真をまとめました。今秋は木曽谷の渓谷での撮影会で、美味しい新蕎麦の食事付きでした。 阿寺渓谷(あてらけいこく) 初めて知った渓谷ですが、「阿寺ブルー」と名付けられているエメラルドグリーンの澄んだ水が紅葉に映えて素晴らしい秋景色を堪能出来ました。 水の戯れ 唐沢の滝  ここも初めて聞いた渓谷の滝。 落差のある見事な滝なの...

月暈  遠征怪我の功名

11月21日は晴天だったので予て計画していた高ボッチ高原に遠征しました。ここは諏訪湖と富士山、八ヶ岳、南アルプスが一緒に写せることで風景写真家に人気のあるところです。この夜も翌朝の日の出の景色を狙って県外ナンバーの車が何台かスタンバイしています。 ところが、日が暮れてから急速に薄雲が広がって富士山も星も見えなくなってしまいました。さっきまで輝いていた上弦前の月の周りに暈がかかって来たので撮影したら...

冬の散開星団 M35,M46,M47

とうとう望遠鏡に凍結防止帯(水道管用)を巻きつけました。氷点下になるとセンサーが働いて温めてくれます。観測小屋の中では夏の間は露が全くつかなかったのですが、冬は湿度が高いと霜がついてしまうのです。この夜は観測小屋の中国製の温度計は-7°で、流石にちょっと大げさだと思ったものの、小屋の外で流星の連続撮影用に稼働させた赤道儀のカメラはレンズが見事に凍っていました。この夜は寒さに比例して夜半過ぎにはなか...

11月上旬の月

久しぶりの月面写真です。今月に入ってから急にシーイングが悪くなりましたね。ただ、じっと見ているとサッとキレイに見える瞬間もあります。諦めずに数十ショット撮影することで、垣間見えるそんな瞬間を1枚だけ捉えることが出来ました。 11月7日の月2012.11.07 02:46 FSQ106ED+1.6倍エクステンダー+1.4倍テレコン EOS 60Da  1/25秒 ISO100 11月10日の月 この月齢の月はなかなか写す機会がありません。2012....

光の森

年末が近づくとそこかしこでイルミネーションが開催されます。近所でも何箇所かあるのですが、ここが一番お気に入り。だだっ広い高原に素朴な光のオブジェが広がっていました。 月と絡めて幻想的な風景を狙っていましたが、天気のいい日がなかったです。 この単純な光のツリーがずっと続いています。 人気一番だったコーヒーカップ。動画でも撮影してしまいました。 これは星の広場。 土星の輪にカッシニの空...

木星  次の一歩?

木星の動画を弄り始めました。今のところ0.5歩前進といったところです。PCが遅くて時間がかかるのが難点ですが、序々にレジスタックスの要領が分かり始めてきました。60Daでいくつかストックしてあった動画ですが、まず分かったのはスタック枚数よりもシーイングの良い日の元データが大事だということ。色々なフォーマットで撮影してみて、月はともかく、木星はハイビジョンよりもクロップで大きく写した方が扱いやすそうです。&...

氷点下の遠征

高原にランチがてらのロケハンに行っていい場所を見つけました。翌日、晴れそうだったので即遠征してしまいました。 地平線近くは光害が残るものの天頂はM33も肉眼で見えるほどの好立地です。しし座の先駆けだろうと思われる明るい流星も多数見ることが出来ました。朝まで頑張るつもりでしたが、高原は氷点下3度で強風。夜半過ぎには引きあげました。 ポットの暖かいコーヒーの美味しかったこと・・・  ロケハン...

この1枚 オオジシギ

そろそろ本屋さんの店頭に来年のカレンダーが並ぶ時期ですね。その中になんと私の写真が採用されたカレンダーがあります。http://www10.ocn.ne.jp/~yacho/index.html大きな書店にしか並びませんし、入荷が少ないのかあっと言う間になくなってしまう貴重な?カレンダーです。 これを機会に過去にカレンダーに採用されたものや、出版社やデザイナーからオファーを受けた写真の中で自分でも気に入っている写真を1枚ずつ、撮影時...