月はなるべく小さく写す?

ここのところ、昼間はとんでもなく暑いピーカンで、夕方から雲が広がり時に雷・夕立と真夏らしい天候が続いています。 ただ、夕立のあとはスカッと晴れるのが約束だったはずですが・・・金星食を控えて月の全体像を焦点距離を変えて撮り比べするつもりで準備していましたが、薄雲を通して撮影できたのは2日間で数分間だけでした。 1発撮りの場合はシンチレーションがよほどよくない限りは小さく写したほうがクッキリ感が出ます...

初夏のヤマセミ

繁殖の邪魔をしないように撮影を控えていたヤマセミにちょっと前に会いに行ってきました。遠かったので写真は貼りませんが、嘴の短い幼鳥も元気に餌取りをしていて安心しました。山の中の清流に遊ぶ白黒の鹿の子模様がとても涼しげです。 葉影から明るい枯れ木に出てきてくれました。こちらは逆に岩の影に身を潜めて撮影するわけです。 この季節、ブラインドは暑くて。 この表情が何とも言えません・・・ ダイビン...

ゾウムシ

夏鳥の写真を整理していて、久しぶりに出会ったゾウムシを撮影していたのを思い出しました。PENTAXのK-5に300㎜レンズ+1.7倍のAFアダプターという鳥撮りシステムのままで撮影。Web図鑑で調べるとヒメシロコブゾウムシと言うんだそうです。スターウォーズの戦闘ロボットみたいにメカメカでカッコいいです。鳥がいない時には野草や蝶などの昆虫も撮れるから、これからはマクロレンズも1本持って行こう。ヒメシロコブゾウム...

網状星雲とM31

今夜は晴れるかも、で峠まで遠征してべタ曇りに会うこと3回・・・もう騙されないぞ、と思っていたら2ヶ月ぶりの快晴に。すでに機材を車に積み込む気力がなくて屋上での撮影になりました。実は4時起きで高原にノビタキを撮影に行って暑さでバテバテだったのでした。 NGC69602012.07.18   00:34   FSQ106ED+0.7Xレデューサ 120秒X4枚  ISO800   EOS40D改  ダーク、フラット補正網状星雲...

下弦の月

前回アップした翌日の月です。この日も月は薄雲の中で、僅か3ショットでべタ曇りになってしまいました。ただ、シーイングはかなり良くて悔しい思いをしました。今回はエクステンダー+2倍バローレンズで撮影、前回より少し拡大率が増していってます。1ショットからトリミングで2枚カットしました。いつになるかわかりませんが、次はこれに1.4倍テレコンをかましてみる予定です。 直線の壁付近  直線の壁の北端(下)...

はじめにⅡ

東京から信州にやって来て早〇年。都会では美しく儚いものだった野鳥や星たちが、ここではダイナミックでたくましい姿を見せてくれます。昼間は鳥撮り夜は星撮りと、一見あわただしい生活のようですが、信州のゆったりとした季節の流れに任せてのんびりと楽しんでいます。屋上に観察小屋を作ったこともあって最近は天体写真が多くなりましたが、野鳥も機会を見てカミさんと一緒に近所に撮影に出かけています。普通の機材で撮影して...

秤動

夜半過ぎに月が雲間からチラチラ見えていたので観測小屋を開いて10日ぶりに撮影しました。今回は1.6Xエクステンダーにキヤノンのテレコン1.4倍を追加して少し大きく撮影。前回は接続ピンをショートするのをすっかり忘れていて、あわてて紙テープを貼っているあいだにすっかり曇ってしまったのです。今回も薄い雲がかかっていましたが、均一にかかっている時に撮影。いつもなら撮影するような条件ではないわけですが、この2ヶ月...

霧と雨の高原

高曇りの絶好の撮影日和り、と踏んで出かけた高原は真っ白い霧の中・・・せっかく早起きしたのに、霧の合間に撮影できたのは雨が降り始めるまでの1時間足らずでした。 ノビタキ♂ノアザミの枯れ草でしょうか、ノビタキが紛らわしいところにとまっていました。レンゲツツジが満開ですが、大好きなコバイケイソウには花芽がほとんど着いていません。 ノビタキ♀ほとんどの番(つがい)が子育て中で飛び回っています。 ...

わずかな晴れ間・・・

当地では雨がほとんど降らない今年の梅雨ですが、日中は薄く青空が広がっても午後3時ころには雲に覆われてしまいます。この日は夜になっても薄い青空がところどころに見られたので、久しぶりに屋上観測小屋の屋根を開けました。 FSQで初めて撮影した月(金環食を除く)2012.06.28 21:09 FSQ-106ED  1.6Xエクステンダー EOS-7D  1/25,1/80秒の2枚を加算平均合成  ISO100月は1枚撮りが基本ですが、あまりに...