星はすばる

12月27日は三日月と宵の明星:金星が接近する場面を撮影するために小高い丘にある公園に出かけました。宵から暗くなるまでの不思議な時間帯(マジックアワー)には、景色の色の微妙な移ろいに魅了されます。すっかり暗くなる前に東の空には「おうし座」のすばるが昇ってきました。すばるは冬の代表的な星団でプレアデスと言う名前でも有名です。下は500㎜の望遠レンズで撮影したプレアデス星団。望遠鏡で見ると青い星がキ...

峠の公園・冬

春から秋まで賑わっていた公園もこの季節は閑散としています。冷たい風が吹き、雪がちらつく峠にあるこの公園には人っ子一人いません。凍った池には面白い模様が出来ていました。斜面脇の道を歩いていると、どこからかカモシカが現れて私と並んで歩き始めました。。この公園でカモシカに出会うのは初めてです。林道で会うカモシカは人を見るとすぐに谷か山に駆け込んでしまいますが、公園に出没するカモシカは人なれしているんでし...

クリスマス・キャロル

クリスマスが近付くと聴きたくなる曲があります。1枚聴くと次々と何枚も聴いてしまいますが、下の3枚が私が今日聴いて皆さんにもお勧めしたいキャロルです。左はベンジャミン・ブリテンの「キャロルの祭典」。ブリテンはモーツァルトの次にCDコレクション数が多い私の大好きな作曲家で「キャロルの祭典」も10枚以上持っています。その中ではこのカンテムス少年少女合唱団の演奏がダントツで素晴らしいです。真ん中は現役の作曲家で...

エッシャー風?

今シーズンは冬鳥のやって来るのが遅れているようですが、アトリはいつものように大群で飛び回っています。群れの写真で楽しいのは飛翔の姿がみんな異なっていること。まるで魚が鳥と一緒に空を飛んでいるようでしょう。鳥がいつの間にか魚に変化していくような場面を切り取ってみました...

耳を澄ますということ

 昼間は野鳥、夜は星を撮影していますが、このブログでは昼と夜のはざまの黄昏時の写真がメインです。昼と夜のはざまで光と音がゆっくりと確実に入れ替わって行く時間帯の光景に魅せられます。 東京から信州に転居して3ヶ月。2日前に冬鳥を探して誰もいない峠に立ちました。小春日和で風も無いのに小鳥の姿が見えません。青空を見つめていると、遠くかすかにオオマシコの鳴き声が聴こえてきました。その時にハッと気が着...