恒例の星景 駒ケ根高原

水仙の丘に沈むオリオン、スバルなどの冬の星座たち・・・毎年この季節に撮影に行きます。ところが今年は桜の開花が早く、夜桜の名所の光前寺手前にある水仙通りは行き交う車でいっぱい。たった5秒の露出中にも水仙がライトで照らされてしまいます。悪天が続いて、やっと晴れたと思った天候も薄雲が広がって思い通りの撮影ができませんでした。また来年に期待しましょう。...

春の霧ヶ峰に天の川はるか

例年ならまだ雪深い季節ですが、スキー場の残雪はほとんどなくてちょっと期待外れの星景色となりました。透明度はまぁまぁかなと思っていましたが低空に薄い雲がかかっていて、月光が逆効果になったようです。2021.03.24 04:20 タムロン15-30㎜ズーム(18㎜F3.2で撮影) 15秒露出 ISO 3200 EOS 6D改左側に蓼科山、中央から右は八ヶ岳連峰です。 2021.03.24 02:50 タムロン15-30㎜ズーム(15㎜F3.5で撮影) 20秒露出 ...

EOS R5 で夏の天の川

やっと晴れたので今季初となる夏の天の川の撮影に峠まで行ってきました。EOS R5 で星景を試してみたかったのです。月が大きかったのでゆっくり出かけたらあまり撮影時間が取れませんでした・・・星景では R6に対する R5の優位性(高解像)は特に感じませんでした。 高感度特性は、ISO20000位は心配せずに使えるR6の方が優秀な気がします。昇る天の川最初の撮影地では東の山が少し高くてさそり座の全景がまだ見えてきません。 ...

かに星雲 EOS R5,R6など4機種で画像比較

新月期は曇ってばかり、月が大きくなってから晴れ間が続いています。3等星がようやく見える透明度でしたが、一度試してみたかった最新のミラーレスと従来の天体用一眼の比較をしてみました。M42やスバルで比較したかったのですが、どちらも滲んで絵になりません。そこで天頂付近のかに星雲を比較撮影しました。画像が貧弱なのは、オートガイド無しで撮影する場合の各機種の限界を試すために無理な設定をしているからです。各機種の...

EOS R6 でカノープス

今年に入って発注していたキヤノンのミラーレスカメラがようやく入手できました。1月早々にR6、2月中旬にR5が届いて早速野鳥撮影に活躍しています。ところが星空には恵まれず、月が無くてまずまずの透明度は2月9日の夜だけでした。ウランの散歩に時々通る道沿いに南方面が開けていて、ひょっとしたらカノープスが見えるんじゃないかと気になっている場所がありました。 その夜にそこにR6を持って確認に出かけたわけです...