ケンタウルス ω星団

鹿嶺高原で久しぶりにω星団を見て撮影したくなったので近所のポイントに出かけました。ここ、「もみじ湖」の駐車場からは南の山の稜線上に辛うじて見ることができるのです。この如何にも南の低空ギリギリという感じが好きなのですが、すぐにファインダーに捉えられるのもこのポイントのメリットです。今回はサンニッパ(300mmF2.8)を持ち出して、EOS R5 で撮影しました。当日はシーイングが良かったみたいで低空にも関わらず今...

華麗なる再開、鹿嶺高原 星野編

華麗なる鹿嶺高原は星景色がメインなのですが、天頂付近の空の暗さも抜群です。ただ、星景と星野の撮影場所が少し離れてしまうのが玉に傷で、今回も星景撮影後に移動して薄明途中の慌ただしい時間帯の撮影でした。 そのせいか?センサーのゴミが目立ちますね・・・近いうちにここでじっくり撮影してみたいと思います。さそり座頭部 2021.04.23 03:47~ EF 70-200ズーム(110㎜F4で撮影)  90秒露出を5枚コンポジット ISO 2...

華麗なる再開、鹿嶺高原 星景編

長い間土砂崩れによって通行止めだった「鹿嶺高原」への道路が開通しました。この時期は残雪の南アルプスを前景に天の川が昇ってくるのです。早速天候と月齢を見ながら遠征してきました。天気が良かったので調子に乗って4月21日から2日間の連荘でしたがさすがに疲れて翌日はダウンしてしまいました。仙丈ケ岳です。 月齢10前後で明るすぎ、本当はもう1日早く出かけるべきでした。 2021 04 22 01:03 70mmF28 3.2s iso8000 E...

夏鳥がほぼ出そろったので、

今季の冬鳥はこれで打ち止めにします。たくさん撮影した鳥さんたちほど現像もレタッチも後回しになってしまいます。そんな中で今回はレンジャクとイスカを選別してまとめました。定番のルリビタキ、ベニマシコ、ジョウビタキなどは後回しの上に省略されてしまいましたが、来年に期待しましょう。...

なにか物足りないフクロウ

そう、雪が無いのです!?雪の下のネズミをかすかな音だけで見つけて急降下、という場面が見たかったのですが・・・この日は冷たい風が強くなってきたので早々に撤退しました。「雪フクロウ」はまた来年です。...